So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIO MeetingとZ、Z Canvasの違い [VAIO]

かなり前のことになりますが、5/25にお邪魔したVAIO meeting#2について書いてみます。
ZM01

 

続きを読む>VAIO MeetingとZ、Z Canvasの違い


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Z Canvasへの期待と懸念 [VAIO]

今回は、Z Canvasと同様にキーボードと本体が分離されたVAIO Tap11とVAIO社のVAIO Zユーザーである私が、勝手にZ Canvasへの期待と懸念を述べたいと思います。(個人的な意見ですのでご容赦を)
Z01

 

続きを読む>VAIO Z Canvasへの期待と懸念


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Z購入検討におすすめなサイトと開梱 [VAIO]

今日は大変人気となっているVAIO株式会社の新しいVAIO Zの購入検討時におすすめなサイトのご紹介とマイZの簡単な開梱レポートです。(購入はかなり前ですが。。。)
Z01

 

続きを読む>VAIO Z購入検討におすすめなサイトと開梱


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Fitとは似て非なるNew VAIO Zの魅力 [VAIO]

2/16にVAIO株式会社から新しいVAIO Zが発表されました。中にはVAIO Fitにそっくりだと言う方もおられますが、仕様、実機を確認してまったく新しいVAIO Zであることを確認してきましたので、そのNew VAIO Zの魅力をご紹介したいと思います。
NZ01

 

続きを読む>Fitとは似て非なるNew VAIO Zの魅力


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Pro11のアップグレードサービスの実施を希望したい [VAIO]

先日、Pro11 Red editionを購入して、満足の一言なんですが、それなりに改善して欲しい点が出てきたので、次期VAIOでの改善ではなく、現行モデルへのアップグレードサービスとして希望したく、ひとりごととして書いてみます。(あくまで独り言ですので、反論?コメントはご遠慮いただければw)

red01

①メモリの8GBへのアップグレード
Pro11は実装できるメモリの上限が4GBです。オンボード実装なので、後から追加することはできません。最初はこの類まれなる薄さと軽さのため、いたしかたないのかなと思っていたところ、Twitterのつぶやきで何やら気になるつぶやきが。。。
何でもUSのソニーストアで売っているPro11は、8GBメモリを選択できると言うのです。ありました。確かに8GB選択できますOrz.

64ビット OSやグラフィックチップがCPUにのっている時代のPCで4GBはぎりぎりです。正直言うと、グラフィックのことを考えると12GBは欲しい時代になってきました。やはりPro11でも8GBは欲しいのです。

次期VAIOで8GBにするとかそんなせんないことは言わず、オンボードなのでマザーボードごと交換になることはわかっていますが、せっかく手に入れた気に入っているVAIOです。長く使いたいのです。ぜひアップグレードサービスでVAIO Pro11を8GBメモリ対応にしてください。

VAIOを購入する方は、次期VAIOで8GBメモリに対応してくれるより、今所有しているVAIOがサービスで対応してくれたら、次もVAIOを買おうという気になるものだと思います。ソニーさん是非ご検討ください。

②無線LANの802.11acへのアップグレード
Pro11に内蔵されている無線LANは、802.11nに対応した無線LANです。MAXで300Mbpsの速度が出る無線LANで今最も普及している無線LAN規格でしょう。(802.11nには450Mbpsの速度が出るものもあります。)

しかし最近、スマホや他社製PCには、802.11ac Draftというもっと速い規格の無線LANを搭載したデバイスを多くみかけます。docomoなどは、一部地域で802.11acの無線LANサービスを始めると発表しました。802.11n draftの時と違って、802.11ac draftはほぼ完成形と言われています。スマートフォンでさえ802.11acの時代に、お気に入りのVAIOが802.11acで無いのは、ちょっと残念でなりません。

無線LANカードは、換装できます。VAIO Pro11に内蔵されているIntel製の無線LANカードにもAC-7260というacに対応した無線LANカードがあります。メモリと同様に、是非アップグレードサービスで802.11ac対応にして欲しいです。

ひとりごとでした。

VAIO Pro11の購入やVAIO向けケースをお探しの方はぜひコール徳島店さんのHPをご覧になってみてください。

コール徳島店 店長さんのブログ
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/

<注文殺到御礼!>VAIO Pro11専用薄型キャリングケース/横型 店長野田目線レビュー。(Pro13も該当っす)
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015708.html


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Pro11 red editionを手に入れました [VAIO]

今回のVAIO夏モデルは、Pro11、Pro13、Duo13どれも魅力的で、どれも欲しくなるものばかりですが、今回は直前までDuo13を買おうと思っていたところ、現物をみて、持って、たまらずPro11 red editionを買いました。

詳細は、他のブログにお譲りするとして言葉のいらない画像アップです。

外箱
まずは外箱。ソニーストアの外箱の中にこの箱が入れられている方が多いらしいのですが、私のものはこの箱に送付伝票が貼られていました。

化粧箱
red editionは上記のような化粧箱に入れられております。

赤01
化粧箱をあけるといきなり本体!

赤02
本体を包み込んでいた外装もテープでとめられており、はがすと粘着力が低下し、出すときに本体に付着しにくいよう工夫されています。


赤03
本体をとりだすと衝撃の赤!
※マウスはついておりません。(カバーはオリジナル塗装です。)

赤AC
最後に小さいACアダプターと並んで(ACのコンパクトプラグはついておりません。)

詳しい開梱レポートは、ぜひコール徳島店の店長さんのブログをご覧ください。
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015665.html

Pro11軽くて、速くていいですよ。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Duo11のNFCリーダーを使ってSuicaを読む [VAIO]

VAIO Duo11にはNFCが内蔵されています。最近ネットでこのNFCを使ってSuica等Felicaカードを読むことができると知りましたので、あえてダイレクトでそのネット記事を読まずにSonyのサイトを検索してチャレンジしてみました。
まずはSonyのサイトからNFCネットインストーラーをインストールします。
http://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/download/netinstaller.html
NFCNET

どうやらドライバー、ソフトウェア等必要なものが全部インストールされるようなので、インストールは完全インストールを選択します。

再起動したら、Duo11の設定の”ワイヤレス”から、NFCがONになっているか確認し、OFFになっていたらONにします。
※Win8の検索から”ワイヤレス”を検索させるとダイレクトでワイヤレス設定がヒットします。

ちなみに追加バッテリー装着状態だとカードがかざしづらいので、拡張バッテリーは外してカードをかざしましょう。

Suicaが読めるか試すためにSFCCard Viewer 2を起動します。次にキーボードの右側下にカード読み取り部があるので、Suicaをかざします。

あらDuo11でも無事にSuicaが読めました。めでたしめでたし。(あんまりすんなり成功してしまって、ハードコピーとっていませんでした。すいません。)

VAIO Duo11の購入やVAIO Duo11用のケースをお探しの方は、是非下記のコール徳島店店長さんのブログをご参考にしてみてください。

2013春モデルVAIO発表!Duo11新色シルバー&SSD512GB!Z待ってるよ!
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015456.html

VAIO Duo11専用スタンド一体ダブル スタイラスホルダー付き 薄型キャリングケース 実機レビュー!
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015362.html

特に上記のDuo11用ケースは拡張バッテリー装着時も使えておすすめですよ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

とにかく感動と興奮の一日でした。(VAIOの里) [VAIO]

ソニーストアさんにて実施された楽しい時間の抽選に当選し、2/16(土)長野にある通称VAIOの里とよばれる、ソニーイーエムシーエス株式会社さんにご招待いただきました。

otya

sato


最初に言いたいのは、スタッフ、マイスター、関係者および取材の皆様にお礼をのべさせていただきたいということです。
本当に感動と興奮の楽しい一日をありがとうございました。

内容を皆様にお伝えしたいところではありますが、機密事項の漏洩防止の観点(中で見聞きしたことは外部に話さないと誓約しました)と、もう一つはこれから参加されるかもしれない方が新鮮な気持ちでVAIOの里にいっていただきたいという演出?もあるかと思いますので、ここでは記載しませんしできませんが、とにかく興奮しっぱなしでした。
どれくらい興奮したかと言われれば、自分の結婚式の次くらい(言いすぎ?)興奮しましたよ。最後には、ちょっとうるっとしてしまいましたし。

品質、技術、設計等全ての面でレベルの高さを痛感したというか、本当にすごい方々の集団なんだなぁと感心しきりでした。
特にVAIOオーナーメード体験では、マイスターの方に教わりながらVAIOの組み立ての一部を体験(体験用キットにて)いたしましたが、とても素人が簡単にできる作業ではないのに、マイスターのみなさんは私が必要とした時間の1/20でそれも高い品質でやりとげてしまうようです。本当にマイスターのみなさんを尊敬します。何時の日にか、野菜の生産農家のようにVAIOも生産者の顔がわかるようになったら、長野のマイスターさんを指名させていただきたいと思います。

myduo11

あと、取材陣の中にいつもお世話になっているソニーショップの店長さんもいらっしゃいました。その店長さんのブログでは近日詳細を公開していただけるようですので、興味のある方はぜひそちらをご覧になってみてください。
コール徳島店 店長のつぶやき日記ハイパぁ。。。
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/

最後に本当に一生ものの体験ありがとうございました。また次もVAIOを買います(笑)

追伸:こういうレアな体験って、一度当選してしまうともう当選することはないでしょうね。それでも次もVAIOを買いそうですが(笑)もう1回行きたいな...次はもっとお伝えしたいことが...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Duo11はおすすめできる1台 [VAIO]

昨年の12月にUltrabookであるVAIO Duo11を手に入れましたが、とても気に入っていてシルバーモデルもあるマイナーテェンジ版も受注開始となったので、特徴的な機能をご紹介します。

duo11_22_b

①UEFIによる高速起動
BIOS互換モードによる起動ではなく、64Bit Windows8とUEFI(OSとプラットフォームファームウェアとの間にセキュア化や高速起動を実現しているものです)の組み合わせによる圧倒的な速さの起動が体感できます。

②ConfigurableTDPに対応した熱設計(TDP UpはCorei7選択時のみ)
通常はTDP 17Wですが、状況に応じて省電力向けのTDP Down(14W)や高パフォーマンスのTDP Up(25W)に切り替わります。TDP Upで通常時よりも高いパフォーマンスを出してくれます。
(タブレットモードやキーボードモードと形がかわるPCにおいて、熱効率とパフォーマンスがどちらの状態でも考えられている製品は少ないかもしれません。Corei5以下のCPUでもTDP Downがサポートされます。)

③VAIO Owner Madeでノイキャン選択時はS-Masterによる高音質
VOMでノイズキャンセリングヘッドホンを選択すると、S-Masterによる高音質な専用回路が組み込まれます。Mobileでも高音質で楽しめます。

④付属のACアダプタは実は急速充電
付属のACアダプタは1時間で標準バッテリーの80%を充電可能な急速充電タイプです。

ぜひオリジナルキャリングケースを販売されていたり、VAIOに詳しい店長さんがいるコール徳島店 店長さんのBLOGを参考にされてから購入されることをおすすめします。
2013春モデルVAIO発表!Duo11新色シルバー&SSD512GB!Z待ってるよ!
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015456.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

UltraBookにはめずらしい全て汎用ポートを採用したVAIO Tを購入した [VAIO]

先日、ようやくVAIO初のUltraBook VAIO T11を購入しました。

T11body

なんと言ってもこのシルバーで統一されたボディかっこいいでしょ。
このVAIO T11を購入した理由は、11インチ程度のモバイルノートが欲しかったからですが、購入していろいろ気に入っているところをご紹介します。

①全てが汎用ポートで、余計なアクセサリーを持ち歩かなくても良い設計

VAIOT_INTER

UltraBookに装備されているポート類は標準ポートを採用せず、変換アダプターを使用して利用するものが多い。LANポートであっても、そのままLANケーブルを装着できないものもあり、中にはわざわざ変換アダプターを取り付けないと装着できないものも。でもVAIO Tは全てのポートがそのまま装着できる汎用ポートで、モバイラーである私にとっては、余計なものを持ち歩かなくてよいのですごく助かる性能です。

②UltraBookとは思えぬ堅牢性

UltraBookはその薄さから、片手で持ってみるとそのUltraBookの堅牢性がわかる。(メーカーが片手で持つことを推奨している訳ではないのでご注意を)メーカーによっては、片手で持つと少し歪んでしまうものもあり心配になる程ですが、VAIO T11はしっかりつくられたUltraBookです。この堅牢性ならUltraBookの標準的な薄さよりもちょっと厚めなT11ですが、充分に納得できます。

③VAIO Owner Madeで必要な機能のみを選択できる

VOMを選択できる全てのVAIOに言えることですが、VAIO Tをソニーストアから購入すれば、CPUやメモリ容量等、自分にあった性能で購入できます。もちろんフルスペックでも買える訳です。


ちょっと残念だったところ

①無線LANが、802.11nで150Mbpsでかつ802.11aが利用できないところ

私が住んでいる地域だと、802.11bや802.11gの周波数だと空いているチャンネルが少なくて、近所のAPとチャンネルがかぶってしまうと、ときおりスピードが遅くなります。802.11aの周波数だと空きチャンネルも多く、そんなことは無いのですが。。。

ちなみに、以下の分解記事とコール徳島店の店長さんにご協力をいただいて802.11aが使用できるWLANカードであるIntel 6235というカードに換装してみましたが、無線LANは無事に通信できても、BlueToothの方は認識しなくなり換装は(今のところ)あきらめました。
(WLANカードの換装は、メーカー保証が受けられなくなることもあり、推奨するものではありません。)
2012夏モデルVAIO T 分解する。動画で見てね。(コール徳島店 店長のつぶやき日記。。。)
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015111.html

②1.42kgの重量

UltraBookでは平均的な重量かもしれませんが、やはりちょっと重いですね。

かっこいいシルバーを生かすために?購入したVGP-BMS11シルバー
VGP-BMS11

バンナイズ製のT11専用ケース
T11CASE

バンナイズ製 VAIO T11専用薄型キャリングケース(コール徳島店 店長のつぶやき日記。。。)
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015147.html

コール徳島店 店長のつぶやき日記。。。の関連記事のご紹介
復活したVAIO T、、、いろいろQ&A。
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015101.html

新VAIO Tのベンチマーク。。。
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/015104.html


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット