So-net無料ブログ作成
ソニー製品 ブログトップ
- | 次の10件

SmartTagsでPlayMemoriesを一発起動 [ソニー製品]

ここで紹介するスマートホン等は自己責任において使用しており、何ら推奨も推薦もしませんので、あらじめご了承ください。また、技適認証の必要性等を論ずるつもりはありませんので、気になる方は、本BLOGを参照しないでください。(使用方法等のお問い合わせもご遠慮ください。)

ソニーの高倍率サーバーショットDSC-HX30Vの特筆すべき機能として、PlayMemoriesとWiFiを使用した無線LAN転送があります。今回はこの機能をLT26i(Xperia S)とNFCであるSmartTagsを使用して簡単に機能をONにする方法をご紹介いたします。

まずは、SmartTagsを使用しない場合のスマートフォンとの無線転送の手順をご紹介します。
(以下の手順は、HX30Vに表示されるSSIDやパスワードで一度接続済みの手順です。)

1.HX30Vで撮影

2.HX30V側で画像参照を行い、メニューボタンを押してWi-Fi→スマートフォン転送を選択

3.スマートフォン側のWiFi機能をONする。(コピーだけではなくアップロードする場合は、データ転送もONする。)

4.スマートフォンのPlayMemoriesを起動

5.自分のHX30Vが画面に表示されたらタップして接続する。

6.接続されたら目的の画像をコピーかアップロードする。

 

次に、LT26iとNFCタグであるSmartTagsを利用した接続方法です。
ちなみに事前にSmartTagsで実施したい動作は登録しておきます。
shot_hx30v
※今回は、白色のSmartTagsをLT26iにかざすと、WiFiのON、データ通信のONおよびPlayMemoriesを起動させるよう設定しました。
withhx30v

1.HX30Vで撮影

2.HX30V側で画像参照を行い、メニューボタンを押してWi-Fi→スマートフォン転送を選択
PM_HX30V

3.HX30Vのストラップに取り付けたSmartTagsをLT26iの背面にかざす。
(WiFi ON、データ通信ON、PlayMemoriesが起動される。以下の画像は、PlayMemoriesを起動後、WiFiをONし、目的のHX30Vをみつけ、最後にデータ通信をONにする画面です。ここまでほんの数秒で実施されます。)

connected.jpg

4.後は以下の画面が表示されるので、スマートフォンへのコピーかアップロードを選択するだけです。(アップロードの場合は、アップロードに使用するアプリケーション選択画面が出ます。)


upload

無事コピー(アップロード)が完了しました。
haneda01

つまりLT26iとSmartTagsの組み合わせで、3つ(あるいは4つ)の手順を簡略化(自動化)できるんです。便利でしょ?

HX30Vを使用する時に、LT26i + SmartTagsの組み合わせが必携になるくらい重宝しています。SmartTagsの動作は、欲を言えば、奇数回目にかざした場合と、偶数回目にかざした場合に、異なる動作を設定できればいいなぁとおもっているところです。これが可能になると、一度かざしてONにし、再びSmartTagsをかざすと機能をOFFにするといったことが可能になるんですが。。。

早く日本のXperiaでもSmartTagsのようなNFCタグが使えるようになるといいですね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

4Kプロジェクターを誤解していた。VPL-VW1000ESはすごすぎる [ソニー製品]

今日、銀座ソニービルで開催された次世代画質体感会に行ってきました。これは発売以来、その高価格にもかかわらず、入荷予定日がはっきりしないくらいの人気を誇っている4KプロジェクターであるVPL-VW1000ESの視聴をはじめとした体感会でした。

VPL-VW1000ES01

体感会ではデジタル・メディア評論家である麻倉 怜士(あさくられいじ)さんをナビゲーターとして2K画質であるBDタイトルやハイビジョン画質で録画されたBS放送などを視聴して4Kにアップコンバートされた画質と2Kの画質を観比べるという形式ではじまりました。

最初は、サウンドオブミュージックのドレミの歌が流れるシーンから。。。
いきなり、4Kと2Kの違いがはっきりわかるくらいの違いが。。。
4K画質は、明らかにディテールがはっきりしており、芝生の精密さや何よりも前方の芝生から遠方の山々までの奥行き感は、素人の私でもはっきりと違いがわかるくらい違っており、思わず画質にうっとり。。。2Kの画像をみるとフィルターを掛けたかのような錯覚をおぼえる程の違い。。。

正直言うとこの体感会に参加するまでは、一般で入手可能なコンテンツは2K画質が限界なので、4K対応のプロジェクターやモニターで2K画質のコンテンツを観ても何もかわらないだろうと思っていました。

しかしこの考えは、最初のコンテンツを観ただけで、誤解であることがはっきりしました。4Kプロジェクターで、2Kコンテンツを視聴しても4Kにアップコンバートされたコンテンツの方が明らかに高画質であることがわかりました。

それから麻倉先生の的確な解説とともに、ムーランルージュやスターウォーズEP4(あえて一番古いエピソード)、ダークナイト等、様々なコンテンツを視聴し、4Kプロジェクターの高画質を体感した1時間でした。高価な製品なので私には手が出せませんが、正直言うととても欲しくなってしまったというのが感想です。とにかくあの奥行き感は、4K画質じゃないと体感できないと思います。

最後に3Dの作品を視聴しましたが、冒頭の1分間程度だけで、スクリーンに吸い込まれそうな錯覚をおぼえました。それだけVPL-VW1000ESはすごいです。

4Kプロジェクターの画質もさることながら、AVアンプのTA-DA5700ES、ESシリーズのスピーカー、加えてブルーレイレコーダーであるBDZ-AX2700Tなど、ソニーが誇る高画質、高音質のユニットが4Kの圧倒的な画質に華をそえていたことは間違いありません。

TA-DA5700ES01
BDZ-AX2700T01

ちなみに、この高画質を体感したあとコール徳島店の店長さんにツイートで感想を流したところ、うちではこの価格で売りますよっといった売り込みツイートが。。。
VPL-VW1000ESの購入を検討されている方は、一度コール徳島店さんにご相談されてみてはいかがでしょうか?(安く売っていただけるかもしれません。)

コール徳島店さん
http://www.call-t.co.jp/

コール徳島店 店長さんのブログ
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/

しかしVPL-VW1000ESすごかったなぁ。。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

今さら外付けHDD [ソニー製品]

昨年のタイの洪水からデジタルカメラやヘッドホンの生産に遅れが生じたり、ハードディスクの生産にも影響が出て、いまだにハードディスクの値段に影響が残っています。正直、ハードディスクメーカーの工場はタイ以外にもあるのに、誰かが買占めとかやっているせいだろうと思い、以前の価格帯に戻るまで、ハードディスクの購入は控えようと思っていました。でも買ってしまいました(笑)

今回購入したのは、ソニー製のHD-EG5というコンパクトHDDです。かなり前にVAIOブランドでデザインの良い外付けHDD PCGA-HDM06という外付けHDDがありましたが、それ以来?のソニー製外付けHDDです。

PCGA-HDM06
PCGA-HDM06

HD-EG5
HD-EG5B
HD-EG5はつい最近出た新製品ですが、直販のソニーストアではもう入荷終了になっているHDDです。私もその何ともVAIOに似合いそうな黒色が気になっていて、買おうかと思っていましたが、タイの洪水以前から、ギガバイトあたりの単価が高く敬遠していました(笑)
それが今回のタイの洪水で、安定的な部品供給ができなくなったということで、新製品でありながらも早々に生産打ち切りが決まった(らしい)HDDです。

実はソニーストアで入荷終了になる前に買おうと何度かカートに入れていましたが、サードパーティ製ならもっと安く買えるのでぐっとこらえて我慢していました。それがいろんな通販サイトで売り切れになるのをみて、耐え切れず買ってしまったという訳です。

HD-EG5はUSB3.0にもUSB2.0にも両対応しているHDDで最近の対応BRAVIAやソニー製ブルーレイレコーダーにも接続可能な製品です。これからいろいろいじってみたいと思います。

ソニーストアさんの製品をご紹介してくれているブログ
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

BRAVIAを買い換えちゃいました [ソニー製品]

持っていたKDL-40W5を下取りサービスに出し、昨年末に3D BRAVIAであるKDL-40HX720に買いかえてしまいました。自分自身でも予想していなかった展開なんですが、とあるVAIOとZEISSレンズ用に貯めていた資金をつぎ込んじゃいました。

kdl-40hx720

きっかけは、ヘッドマウントディスプレイのHMZ-T1です。何度かHMZ-T1を試聴してみて、その迫力に驚かされすごく欲しくなっていたのですが、でもHMZ-T1だと一人でしか楽しめないので、やはり3DのTVの方がいいかなぁと思っていたところ、3D対応TVが欲しくなってしまったのです。

もともと4倍速パネルであるW5を持っていましたので、今さら2倍速以下の選択肢はありませんでした。W5ではHT-CT500というとてもW5と一体感のあるホームシアターを使っていたので、それと同等のホームシアターが使える3Dブラビアを探しました。画面サイズは40インチがいいので、4倍速で40インチのものという条件に当てはまるのはHX720だけでした。それでHX720を購入となったのです。

KDL-40HX720にはHT-CT550を組み合わせました。W5を使用していたときのHT-CT500にとても満足していたのと、TV標準スピーカーには戻れなかったためです。

HT-CT550W

ただHT-CT500が3.1chなのに対し、HT-CT550が2.1chなのが気にかかっていましたが、主な目的は標準スピーカーのアップグレードであることと、40インチのHX720とは横幅がピッタリサイズで、デザインも収まりもよかったので、HT-CT550を一緒に購入しました。
HT-CT500をTVラックに置いてそのまま使用することも考えましたが、3D信号をパススルーしてくれないので、HT-CT500は友人に譲りました。

■HT-CT550

HT-CT550をデフォルト設定で使用すると、HT-CT500の音質にくらべてかなり違いがありました。迫力とか、画面の外で出ているであろう音(例えば画面に映っていないドアの開閉音)の定位感はHT-CT500の方が上でした。
音質設定を変更したら、少しはHT-CT500に近づけるか、時間があったらじっくり設定してみたいと思っています。ただ音の繊細さは、HT-CT550の方がほんの少し上のような感じがするので、いろいろ設定変更が楽しみです。

 

■とても繊細なHDMI V1.4?信号

W5を使用していたときは、KDL-EX300というブラビアとHDMIセレクターで切り換えて使用していました。映画やLiveのコンテンツを観るときはW5で、ニュース、TVドラマ、バラエティ番組を視聴するときはEX300でみていました。
HDMIの出力は、W5とEX300の2つでしたが、同時出力したいわけではなかった(実際やったとしても赤外線リモコンがどちらにも反応してしまうので、同時出力は難しかったでしょう)ので、切り換えができるHDMIセレクターを使用していました。
HDMI入力の方は、3台あればよかったので、出力×入力=2×3のHDMIセレクターを使用していました。
HX720は3D TVなので、3D信号に対応したHDMIセレクターが必要ですが、持っていたセレクターがHDMI V1.3b?まで対応のセレクターだったので、HDMIセレクターも買い換えとなりました。
しかしこの買い換えには非常に高いリスクがありました。それは市場に3D信号対応でHDMI 2出力対応のセレクターは少ないか、あっても高価なマトリクス(2台同時出力ができるもの)がほとんどだったからです。
また私のTV視聴環境では、HDMIマトリクスを使うとうまく表示されないことも予想されました。それはEX300が1080Pやもっと上の3D信号を表示できるTVではなかったからです。
マトリクスは同時出力が目的なので、2出力とも同じ解像度でないと恐らくうまく表示されないだろうという予想があったので、マトリクスは是非とも避けたかったのですが、何せ安くて3D信号に対応したHDMIセレクターがほとんどなく、今回はまずマトリクス機能のあるHDMIセレクターを使用してみることにしました。仮にうまく表示出来なくても、マトリクスHDMIセレクターを欲しがっている友人がいたので、うまくいかなかったときは、買い取ってもらう約束もとりつけた上でw ← リスク軽減?

W5とEX300の組み合わせ時は、解像度の心配をする必要がありませんでした。なぜならば、EX300は1080Pを表示できなくても、入力信号として受入れる面白いTVだったからです。そのためHDMIセレクターで、W5からEX300に瞬時に切り換えても普通に1080Pの信号を受入れてすぐに表示されました。(EX300の実際の表示は1080Pではありません)

■ミヨシ製 HDS-42M

HDS-42M
ミヨシ製のHDS-42Mを使用してみました。HDMIセレクターの入力をPS3に、出力はHX720(このときEX300は電源断)に切り換え表示させてみました。
最初はPS3の画面が表示され、解像度がかわったかのような表示がなされたので、PS3のメニューからディスプレイ解像度を変更し、3D信号も表示できる解像度に設定しました。
適当な3Dコンテンツを表示させて、5分ほど表示されていたので安心しかけたところ、急にHX720の画面が細かい砂嵐(久しぶりにみたwたぶん解像度が足らない時におこる現象かと)になったり、一瞬表示されたりを繰り返しました。
PS3側で手動にて解像度を落としても表示されず、一瞬HX720の調子が悪いのかと思いましたが、PS3とHX720を直接つなぐと正常に表示されたので、あきらかにHDMIマトリクスのせいとわかりました。(やはりだめか。。。)
念のため電源OFF状態であったEX300のHDMIケーブルをセレクターから抜き、HX720のみ接続された状態で表示させてみましたが、それでもうまく表示されませんでした。これはHDS-42Mが悪いのではなく、マトリクスをこのような使い方をする私が悪いのです。でもある程度予想されたことなので、同時に準備していた別のHDMIセレクターを試してみます。(これでHDS-42Mは友人の手に渡ることが決定w)

■ランサーリンク製 HD-41V4
HD-41V4

HDMI V1.4対応のセレクター(残念ながら出力は1つのみ)に換えて試してみました。
今度は砂嵐になったりせず、うまく表示されました。TV出力の切り換えは、HDMIケーブルの交換が必要でしたが(1出力しかないので)うまく表示されるからOKと思っていたら、また毎時0分近くか、30分近くになると一瞬他のHDMI入力機器に勝手に切り換わろうとして画面が消え、少ししてから復帰するという怪現象が起こりました。
今度もだめかと思っていましたが、勝手に切り換わろうとする動作は、ちょうどBDレコーダーから微かなハードディスク音がするときだったので、BDレコーダーが番組情報等を取得したり、近くのDLNAクライアントに接続しようとするときでは?とすぐに予想できました。Orz.
もしかするとこのHDMIセレクターは、BDレコーダーの電源が入っていなくても、情報取得の際の起動だけで勝手に切り換わろうとしているのではと予想されたので、HDMIセレクターにはPS3とHX720だけ接続し表示させてみると、勝手に切り換わろうとして画面が消えることは無くなりました。
←この使い方だとセレクターの意味無しw

このHD-41V4の動作も不具合というよりも、ソニー製のブルーレイレコーダーとの相性かもしれません。とりあえず落ち着いたら、ランサーリンクさんに問い合わせしてみたいと思います。(説明書をみたところでは、自動切換えをOFFにする設定はありませんでした。。。)

もしかするとHDMIセレクターとHX720だけであれば、こんな現象は起きなかったかもしれません。HDMIセレクターとHX720の間にはHT-CT550があるので、PS3からHX720に到達するまで、セレクターのようなものが2つも存在しますから、こういう現象がおこったのかも?めげずにw次にいきます。

■大本命のセレクター?ソニー製MDR-DS7500
MDR-DS7500

MDR-DS7500は、デジタルサラウンドヘッドホンです。ソニーストアでも長く入荷未定ステータスになっている人気商品です。KDL-40HX720を購入と同時期にいろんなショップをたずねて、デジタルサラウンドヘッドホンとしてだけではなく、HDMIセレクターとしても使えないかとあれこれ見聞きしました。HT-CT550にもセレクター機能はありますが、HT-CT550はKDL-EX300では使用せず、KDL-40HX720のみで使用することと、HT-CT550はオフで、KDL-40HX720のみで使用する(パススルー)こともあるので、HDMI入力を切り換えるためのHDMIセレクターが別に必要だったのです。

本当はソニーストアで購入したかったのですが入荷未定だったのと、MDR-DS7500が入荷しそうだと某量販店から連絡があったので、ポイントも駆使して購入しました。

MDR-DS7500を使ってみると、何事もなかったようにうまくいきました。ソニー製のヘッドホンなので、PS3やソニー製のブルーレイレコーダーとの相性もばっちりです。HDMIコントロールの設定も、OFF設定を含めて3つあり(1つはAVアンプやホームシアターと併用するモード)、HT-CT550のような製品との併用もあらかじめ考えてある製品です。もちろん3D信号のパススルーも可能で、3Dメガネと併用できることもうれしい特徴です。

HDMI入力機器(PS3等)—>MDR-DS7500—>HT-CT550—>KDL-40HX720
上記のような接続をしていても、どの機器から音声を出すか非常にわかりやすく切り換わってくれます。
■HDMI入力機器からの音声をKDL-40HX720の標準スピーカーから出力する場合
MDR-DS7500とHT-CT550のどちらも電源OFF状態(スタンバイ)にするだけ。この際には、MDR-DS7500およびHT-CT550ともに、最後に接続されていたHDMI入力機器の信号がパススルーされます。

■HDMI機器からの音声をMDR-DS7500から出力する場合
全ての機器をONにしておくか、HT-CT550のみスタンバイにすればMDR-DS7500から音声が出力されました。

■HDMI機器からの音声をHT-CT550から出力する場合
MDR-DS7500をスタンバイにし(HDMI入力機器の選択は、最後に接続されていた機器が選択される)、HT-CT550をONにしていればHT-CT550から音声が出力されました。

HDMI出力は1個のためKDL-EX300との切り換えは、HD-41V4と同じケーブル交換ですが、HD-41V4のように出力させたいHDMI機器以外のHDMIケーブルを抜かなくてもいいので、気楽です。

KDL-40W5を使用していたときは、こんな苦労は必要ありませんでした。HDMIセレクターで選択したものが、普通に表示されていました。これが3D対応のHX720にかわっただけで、こんなに苦労するとは予想していませんでした。3D信号(あるいは12bitカラーのHDMI V1.4相当の信号)がこんなに繊細なものとわかっただけでも良い経験になりましたが、HDMI製品の使用には、まだまだ注意が必要のようです。(相性みたいなものもありますので)

MDR-DS7500ではまだあまり聴いていませんので、MDR-DS7500等の評価は、ITmediaさんあたりをみてください。(すいません。)加えてHT-CT550の設定が、まだデフォルト設定なので、いろいろいじって音質を高めていく作業が楽しみです。(変かな?)

しかし何だか原因追求やトラブル?シューティングをしているときがすごく楽しかったです。とくに原因を予想して、対策を打ち、うまくいった時の快感はたまりませんでした。もしかすると、私は職業選択を間違えたのかもと一瞬思うくらいでしたが、これがお客様からお金を頂戴して設定する作業だったらきっとプレッシャーが半端ないだろうなぁと思いつつも、やはりAV機器をいじり倒しているときが一番面白いなと感じる年末・年始でしたw

ブラビアやホームシアター製品の相談にのってくれる徳島県のソニーショップさん
http://www.call-t.co.jp/

ソニーストアで購入できる商品やデジタルガジェットを面白おかしく紹介してくれているブログ
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

スティックタイプのUSBポータブル電源CP-ELSVPを買ってみた [ソニー製品]

スティックタイプのUSBポータブル電源CP-ELSVPを買ってみました。

CYCLE01
CP-ELSVPはソニー製のバッテリーにはめずらしく?専用の充電器を必要としないUSBバッテリーです。今までのCycleEnergyシリーズ製品は、充電器部分とバッテリー部分を分離することによって、充電時間の軽減とバッテリー単体の大きさを抑えるといったことを同時に実現しているモデルでした。でも今回のCP-ELSVPは専用の充電器を採用せず、汎用のmicroUSBケーブルによって充電可能になった製品です。

今までのこうした充電池は旧SANYO製のeneloopに代表されるようにUSBケーブルにて充電するものがほとんどで、CycleEnergyを使用されている方は充電時間がいくら短くてもUSBで充電できる製品に対してはがゆい思いをしていた人も少なくないかと思います。そういう意味では待望のバッテリーといったところでしょうか?

このCP-ELSVPは、簡易的ですが残量表示機能も付いています。残量表示は、USBケーブル接続時にオレンジランプの点滅具合で知ることができます。ただ、給電中は残量が少なくなった時の黄色いランプの点滅でしか知ることができません。しかし丁度Xperia arc1回分フル充電可能な程度の容量なので、その2つのランプでも充分かも知れません。

とにもかくにもまた毎日持ち歩く”本命の?”バッテリーが増えた印象です。

コール徳島さんのブログ
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/013075.html


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

いっしょに育てようグリーン電力 [ソニー製品]

今日は乾電池の話です。私はソニーというブランドが好きなので好んでソニー製品をよく買います。乾電池もそのひとつ。

最近はなるべく使い捨てタイプの乾電池を使わないようにしており、充電ができる乾電池をよく使っています。充電池で有名なのは、Panasonic(SANYO)のeneloopでしょうか?

私は、ソニーのCycleEnergyという充電池を使っていますが、この充電池を使う理由はソニー製品だからという理由だけではないんです。

solar01

悲しそうに泣いているのは、「そら」と「べあ」と言って、氷の大地がとけてしまってお母さんと離ればなれになってしまったホッキョクグマの兄弟です。
NPO法人「そらべあ基金」は、地球温暖化で氷が溶けてしまい、お母さんとはぐれてしまった「そら」と「べあ」をシンボルキャラクターに起用し、グリーン電力の普及啓発活動や環境教育をされているNPO法人です。
http://www.solarbear.jp/

ソニーの電池や充電器を買うとその売り上げの一部が、上記の「そらべあ基金」に寄付されます。「そらべあ基金」は、ソニーグループをはじめとして集められた寄付金で、全国の保育園・幼稚園などに太陽光発電設備を設置されていますので、つまりソニーの乾電池を買うことで地球温暖化抑制の一助になるかもしれないのです。

solar02

solar03

http://www.sony.jp/battery/solarbear/index.html

この涙を止められるのは、あなたです。

どうでしょうか?もちろんほんのわずかのことかもしれませんが、ソニーさんの電池を買うことでいつの日かこのホッキョクグマの兄弟の涙を止められる日がやってくるかもしれません。あなたもソニーさんの乾電池を使ってみませんか?

solar04


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
- | 次の10件 ソニー製品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。